class Foo{
    Bar bar;
}
class Bar{
    Baz baz;
}
class Baz{
    Qux qux;
}
class Qux{
    String hoge;
}

たとえば、上記のようなクラスがあったとして、fooオブジェクトからhogeフィールドにアクセスしたい、なんていうとき。

もし、fooからquxまでひいていく途中のいずれかのフィールドがnullかもしれないとしたら、NullPointerExceptionが発生してしまう。

public class Main {
	public static void main(String[] args) {
		Foo foo = getFoo();
		System.out.println(foo.bar.baz.qux.hoge);
			// たとえばbazがnullならNullPointerExceptionが発生する
	}
}

なので、どれもnullになる可能性があるなら、

public class Main {
    public static void main(String[] args) {
        Foo foo = getFoo();
        if(foo != null){
            if(foo.bar != null){
                if(foo.bar.baz != null){
                    if(foo.bar.baz.qux != null){
                        System.out.println(foo.bar.baz.qux.hoge);
                    }
                }
            }
        }
    }
}

こう書けば安心ですね。

いやいやいや。

私はそんなの耐えられない。。。

public class Main {
	public static void main(String[] args) {
		Foo foo = getFoo();
		String hoge = get(foo, "bar.baz.qux.hoge", String.class);
		System.out.println(hoge);
	}

	public static <T> T get(Object src, String access, Class<T> type){
		String[] paths = access.split("\\.");
		Object cursor = src;
		try {
			for (String fieldName : paths) {
				Field field = cursor.getClass().getDeclaredField(fieldName);
				Object obj = field.get(cursor);
				if (obj == null) {
					return null;
				}
				cursor = obj;
			}
		} catch (Exception e) {
			e.printStackTrace();
			return null;
		}
		if(cursor != null && type.isInstance(cursor)){
			return type.cast(cursor);
		}
		return null;
	}
}

だからこんな感じで解決しました。

リフレクションつかってフィールド毎にnullチェックする…!(力技)

入力支援が効かないとか色々な犠牲もありますが、 if文の入れ子になるよりは読みやすく、精神衛生上も良い気がします。たぶん。