weightlogというandroidアプリを去年の7月くらい?にリリースしてそろそろ半年経つはずですが、

今日はそのweightlogにまつわる開発の裏話でも。

当時、レコーディングダイエットに興味のあった私は

自分用に体重を記録するアプリを作ることを決意します。

いくつもの既存アプリがあったのですが、入力が面倒だったからです。

  1. アプリ起動する
  2. 入力モード選択する
  3. インプットボックスを選択する
  4. IMEが起動するのを待つ
  5. 数値を入力する
  6. 保存ボタンを押す
  7. アプリ終了する

と、大体のアプリはこんな手順です。

面倒くさがりな私には過酷すぎます。

なので、

  1. アプリ起動する
  2. 数値を入力する
  3. アプリ終了する(自動保存)

くらいになれば良いな、というのが開発コンセプトでした。

それについてはまあ実現できたかなあ、と個人的には思っているのですが、

残念ながら私のダイエット熱はすっかり冷め、いまは私自身全く使ってませんw

というか、公開して半年経つのに、インストールしてくれた人は15人。

アクティブユーザーはなんと2人です。(※私を除く)

驚愕の不人気。

この結果には何らかの原因があるのでしょう。

ためしに思い付く原因を挙げてみます。

・機能不足

 入力してリスト表示するだけ。

 グラフ表示も申し訳程度。

 楽に入力できる以外の利点がない

・宣伝不足

 宣伝用画像なども作っていないし、

 Twitterとかでも宣伝してない

・広告表示

 広告はやっぱ嫌われるのかしら?

・ドキュメント不足

 ヘルプがおざなり。

・UIデザイン

 私は楽に入力できると思っているけど、実は私以外にとっては楽じゃないのかも?

 あと、地味。

とまあ、挙げればキリがなさそうですが、

逆に良かったこともあるんですよ。

・SurfaceViewによる実装を学べた

 リスト表示も含め、このアプリの画面はSurfaceViewで実装している

・AdMobの実装を学べた

…勉強になりました!

最後に、weightlogの今後についてですが、

気が向いたらエクスポート機能は付けようと思います。

あと、グラフ表示はもうちょいマシにしたいなあ。