ちょっとまえ(?)に○○○基本文法最速マスターってのが流行りましたよね。

おかげで世の中には様々な言語の基本文法最速マスターが充実しています。

この素晴らしい資産を利用して気になるあの言語を齧ってみよう、というのが主旨ですよ。

今回齧るのはこれ。(※次回があるかは未定)

python

Python基礎文法最速マスター

RaspberryPi用のスクリプトとかでちょっと触ってはいますが、全然まだまだ素人。

勉強しないと…!

というわけで、pythonでFizzBuzz。

#!/usr/bin/env python
# -*- coding: utf-8 -*-
import sys

argv = sys.argv
if len(argv) < 2:
    num = 100
num = int(argv[1])
for i in range(1,num):
    if i % 15 == 0:
        print "FizzBuzz";
    elif i % 3 == 0:
        print "Fizz";
    elif i % 5 == 0:
        print "Buzz";
    else:
        print i

こんな書き方もできる

#!/usr/bin/env python
# -*- coding: utf-8 -*-
import sys

def fizzbuzz(num):
    d = {3:'Fizz', 5:'Buzz'}
    for i in range(1, num):
        t = ''
        for a in d:
            if not i % a: t += d[a]
        print t if len(t) else i

if __name__ == '__main__':
    num = int(sys.argv[1]) if 2 <= len(sys.argv) else 100
    fizzbuzz(num)

三項演算子の書き方にちょっと癖があるかなー。

ドキュメントチートシートなんかも参照しましょう。